インドネシア国ニュース・バリ島ニュース


INDONESIA TODAY
2015年より日本人のインドネシア観光ビザ免除に

Japanese Tourist in Bali Labuan Bajo Bay to Komodo


~インドネシアは日本人の観光ビザを免除することで、日本の方の訪問を便利にします~ と、在日インドネシア共和国大使館をい発表がありました。 ジョコ ウィドド大統領とユスフ カラ副大統領のもとで始まったインドネシア新政府は、インドネシアへの日本人訪問客数の引き上げ強化の一環として、日本・中国・韓国・ロシア・オーストラリアに対して訪問ビザ免除の現状打開案を発表しました。 
インドロヨノ スシロ海事関係調整相によると、この方策について、ビザ免除を認められた5ヵ国はインドネシアの観光産業において主なるマーケットであるとし、既に観光訪問ビザ免除国であるアセアン9ヵ国+チリ、香港、マカオ、モロッコ、ペルー、エクアドルの6ヵ国に2015年初旬より加わることになりました。 この政策決定は、インドネシアへの外国人訪問者数増加率を引き上げるという新政府の強い願いを反映しています。新政府は実際に2019年までに2014年の950万人という訪問者数見込みの倍にあたる、2000万人達成を目標に掲げました。


ユスロン イーザ マヘンドラ在日特命全権大使は、両国相互関係における重要な画期的出来事であるとして、この決定を歓迎しています。 12月1日から始まっている、インドネシア人に対する短期訪問観光ビザ免除決定の日本政府による声明も考えると、両国間における関係強化、また、市民レベルでの関係促進の必要を両国が再確認したといえるでしょう。

インドネシアと日本は、両国間の活発な人の動きを増進するよう措置をとって来ました。それは同時に両国民間の更なる理解を深めると共に、両国の観光産業に寄与するものでもあります。ユスロン大使は"我々はより多くの日本の学生や若者にバリ島以外のインドネシアの多様性を見ていただきたい。インドネシアを直接見ることによって、それらの若者が自分自身の視点で真のインドネシアを体験でき、彼らの体験は我々両国間の関係を強めることに貢献する事になるでしょう。更には、彼らが日本の友達にインドネシアの多様な 文化と豊富なデスティネーションについて伝える事が出来るでしょう"と述べています。
Japan Visa policy to visit Bali



インドネシアの観光産業の重なる対象マーケットの一つとして、日本の2013年訪問実績数は479,305名でシンガポール、マレーシア、オーストラリア、中国に次いで5位にランクされました。 インドロヨノ スシロ調整相が述べていますように、インドネシ アは、この新しい政策が毎年450,000-500,000人の追加訪問者数増を生み、また追加外貨収入5億4千万ドルを造り出すを見込んでいます。一方、観光ビザ免除はこれまでビザフィー(US$35)により取得できた収入が減ることろ意味しますが、インド ネシア新政府は、日本を含むインドネシアへの外人訪問者数の増加で得ることができるであろう、さらにいっそうの外貨収入によって、この減る収入分を補うことができると確信しています。
インドネシアは日本人訪問者がバリ島のみならず、例えばラジャアンパット、中部ジャワ(ジョグジャカルタ、ソロ)マナド、バンドゥン、ロンボク、コモド島といった、バリ島以外のデスティネーションも同様に旅行ターゲットとされることを切にのぞんでいます。

最近、再注目されているコモドドラゴンが生息する事で有名なコモド島は、インドネシアの小スンダ列島にある島で、近隣にはスンバワ島やフローレス島などの大きな島がある。

コモド島はコモド国立公園の一部となっている、野生のコモドドラゴンを観察しに、数多くの観光客が訪れる。 コモドドラゴンは乾燥した落葉樹林やサバンナ、海岸などに生息する。地表性だが、幼い頃は体重が軽いことや大型個体による共食いから逃げる目的もあり、樹上でも生活する。薄明薄暮時に日光浴を行って体温を上げ、日中は体温が上がりすぎると岩場の影や木陰などに避難し体温を調整する。尾を使い泳ぐこともできる。

コモドの美しい海はダイビング、フィッシングを目当ての訪問客も多い。 バリ島からコモド島の玄関口、ラブハンバジョーへはガルーダインドネシア航空がデイリーフライトを出しており、日帰りコモドドラゴンツアーも催行されている。

Komodo Dragon National Park Komodo island Raja Ampat Asia Destination