インドネシア国ニュース・バリ島ニュース

バリニュース
12月25日より津波10年の追悼行事 

インドネシア・アチェにて2004年12月に発生した驚愕の津波と地震。
アチェ周辺だけで約7万人もの犠牲者を出した 世界とインドネシアにおいて、歴史上に残る大きな自然災害の1つです。

多くの被害を受けた州都バンダアチェ市を中心にさまざまな追悼行事が25日から4日間の予定で行われる。日本政府主催で災害に強いまち作りを目指す国際会議に出席するため、日本を訪れたバンダアチェ市のイリザ・サアドゥディン・ジャマル市長が7日に東京で明らかにした。

12月25日より津波10年の追悼行事

アチェ州の記念行事は25日、イスラム指導者による開会式で始まる。中心行事は12月26日に行われる「津波10年記念式典」で、インドネシア政府の主要関係者、復興支援に駆けつけた各国から駐インドネシア大使らが出席する。
26日から28日までバンダアチェ市内の津波博物館などで「復興と災害の危険」をテーマにした創造芸術や写真展が開催される。また26日と27日夜には復興支援で協力してくれた世界への感謝として、アチェの芸術家らによるショーが行われる予定である。 同時期に日本国際協力機構JICA支援でジャパンフェスティバルも開催されます。
28日には津波10キロ・マラソンがバンダアチェ市内で開催される。市民の希望と災害の精神的束縛からの解放のシンボルとして計画。参加ランナーは市内で津波被害のあった地域を走り抜ける。被害地域を走ることで市内の津波からの復興、再生ぶりが理解できるよう考えてある。

一方、バンダアチェ市では国の慰霊行事に先だって津波の被害者を慰霊する市民の追悼集会や各種追悼行事を開催する。
イリザ市長は6日に宮城県東松島市で開かれた未来都市セミナーで「復旧ではなく復興を考えたい」と語り、津波の被害をきっかけにバンダアチェ市の将来に向けて新しい発想で都市作りに取り組む姿勢を示した。
アチェ州関係者は「復興ぶりを見てほしい」と外国からの参加を期待している。 バンダアチェ市は震災後、大統領直下に設置されたBRR(アチェ・二アス復旧復興庁)に復旧・復興事業の権限が一任され、地方政府や国内外の支援組織らと連携をはかりながら、迅速な復旧作業を推進した。 2013年には被災地同士の復興ノウハウの共有を目指して、宮城県の東松山市にインドネシア・バンダアチェ職員が訪れ市役所や東北大学で報告会が行われた。
2014年4月からは、新たに草の根技術協力事業として、東松山市、バンダアチェ市の両市が復興の新しいモデルを共に創りだしていく事業が開始されている。

記念行事の公式サイト(インドネシア語)はこちら http://tsunamiaceh.id/