エアアジア直行便

エアアジア直行便

バリ直行便が週4便から毎日運行へ

成田~バリ直行便にエアアジアが就航することは以前にも記事にしました。2017年5月25日(木)から運行を開始し、成田は月・火・木・土曜発、バリは月・水・金・日発のエアアジアですが、予約が好調とのことで、なんと2017年6月18日(土)から毎日運行になります。

成田朝発とバリ深夜発

タイムスケジュールは当初の予定と変わらず、成田8:25発~デンパサール(バリ)14:25着、デンパサール23:00発~成田7:10着です。このスケジュールは、既存のガルーダインドネシア航空と比較して、少し早い時間のフライトになります。現地に早く到着できる利点があり、帰国便に関しても最終日を十分満喫する時間があります。

値段について

エアアジアは価格が安いLCCの航空会社です。運賃は片道21,000円からで、プロモーションなどの際には安いチケットが販売される場合もあります。ただしLCCの場合、既存の航空会社と異なりさまざまなサービスに追加代金(オプション)が必要となります。代表的な追加サービスについては下記で説明いたします。

追加で必要になる代金

LCCでは荷物の預け入れや機内食、座席の指定などに追加代金が必要です。20kgまでの受託手荷物と既定の機内食(1食)、座席指定が含まれたオプションは片道5300円からです。その他にも、機内食を選びたいという方向けのオプションなどもございます。また、機内での水を含むすべての飲み物も有料となりますのでご注意ください。

その他の注意点

LCCには無料の機内エンターテイメントサービスはありません。そのため、機内で映画を見たり音楽を聴いたりということができません。また枕やブランケットなども有料ですので、必要な方は準備されると良いでしょう。成田~バリのフライト時間は約7時間なので、本やタブレット(通信はできません)を持ち込むのも良いでしょう。

エアアジア利用の魅力

さまざまな注意点を書いてきましたが、エアアジアの魅力は安い金額でバリまでの直行便に乗れることでしょう。さまざまなオプションサービスで結局高くなるのではと思う方もいらっしゃるでしょうが、事前に必要な物を準備すればお得に利用することが可能です。

節約できたお金で贅沢ができます

海外旅行にかかる費用の半分が航空券代ということも少なくありバリ,エアアジア,バリ直行便ません。特に、物価の安いバリでは航空券代を節約することで大きな節約になります。節約した航空券代で、ワンランク上のホテルに宿泊したり、スパを満喫したりできます。毎日運行になったことでスケジュールも立てやすくなり、バリ島旅行が今まで以上に身近になりました。

*金額やフライト時間に関しては2017年5月19日現在の情報です。

Sorry, comments are closed for this post.