トゥリダトゥ(Tri Datu)

トゥリダトゥ(Tri Datu)

バリヒンドゥーの御守り

トゥリダトゥとはバリヒンドゥーの御守りです。現地の方の腕を見ると、多くの人がミサンガのようなものを着けているのに気がつきます。3色であったり、カラフルだったりするこのミサンガこそがトゥリダトゥです。ミサンガと違い、切れると願いが叶うということはないそうで、あくまで信仰の象徴ということなのでしょう。

御守りは右手に着ける

トゥリダトゥは右手に付けます。そのため、いくつもの寺院を熱心に参拝するバリ人は右手にたくさんのトゥリダトゥを着けています。バリヒンドゥーを信仰する人々は熱心に参拝する方が多く、寺院のお祭りが行われる度に参拝に訪れるバリ人もいるそうです。そのため、毎週どこかへ参拝へ行くというようなこともあります。

3つの色にはそれぞれ意味がある

3色というのは赤、白、黒と決まっています。これは、それぞれの色が火、風、水の神を表しているそうです。バリヒンドゥーでは神様にお願いをするのではなく、常に感謝をし自然の流れに身を任せるという考え方が強いので、このような意味を持つ色を身につけることで、日頃の感謝を忘れないようにしているのでしょう。

特別な9色のトゥリダトゥインドネシア,バリ,御守り

先に書いた通り一般的なトゥリダトゥは白、黒、赤の3色です。しかし、この3色に加えて青、緑、黄、橙、紫、ピンクの9色のトゥリダトゥが存在します。これは、ブサキ寺院のみでもらえる御守りで、9色はそれぞれに割り当てられた方角を表しています。各方角にはそれぞれ神様がいるとされています。

                お問合せ            お申し込みフォーム
お申し込みの前に必ずご予約についての注意事項をお読み下さい
tandapanahバリ島最近情報上にtandapanah02

Sorry, comments are closed for this post.